期間工の求人の特徴について

期間工の求人の特徴について

期間工の求人は基本的には数ヶ月から1年程度の雇用が前提になっていて、その理由としては製造業の製品や機械の受注が多い時期だけに制限した雇用なので、受注が減少して製造ラインがある一定の割合で停止した場合には期間工の求人で入社した人たちは雇用の打ち切りを宣言される可能性があります。


正社員や正規の従業員と比較すると立場的に弱いので、不景気になって受注が落ち込んだ場合には一番初めに雇用が打ち切られますが、景気が持ち直してきて機械受注や製造ラインが稼動すると再雇用してもらえる可能性があります。



将来的には日本の製造業は人材不足が指摘されているので期間工としての求人が減る可能性もありますが、比較的待遇の良い正社員などが増えるので、労働者にとってはプラスと考えることができます。

期間工は待遇面では正社員などには劣りますが、自由になる時間があったり、休暇を簡単に取ることができるので、住宅ローンや子育てが終わった人たちにとっては非常に良い職場になりますが、パートタイムほど労働時間が短くないので、主婦がこの仕事に就くのは現実的ではありません。



しかし定年した人たちの中で工場での勤務の経験がある人は技術や資格などが役に立つので厚遇されるかもしれません。



日本の企業の労働環境は労働者重視ではなく、企業の収益を重視しているので、今後も安く雇うことが出来て、いつでも雇用の打ち切りの出来る期間工などの求人が増加することも考えられますが、人材の枯渇を考えると技術を持った人は大切にされる傾向が見られます。



Copyright (C) 2014 期間工の求人の特徴について All Rights Reserved.